読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は僕で誰かじゃない

ビジネスとテクノロジーと健康についてあれこれ

MENU

集客の方法には2種類しかない。ターゲットは「5つの層」で考える。

id:sitkです。

なるほどーと思った記事を共有します。 newspicks.com

スポーツビジネスに関わらず、僕が密接に関わりのあるアーティストのお客様(ファン)も「5つの層」は当てはまりそう。

1層は1年に1回以上スタジアムに来る人。 2層は何かあったら来る人。 3層は1回だけ来たことがある人。 4層は新聞で結果だけは気になる、およびテレビは見るけど1回も足を運んだことのない人。 5層はそれ以外です。

このターゲット層は参考になりますね。
それぞれの層に対して、メルマガの内容を変えるとか。
そこまでの施策ができれば効果的やなぁ。

ファンの深度を測るのは難しいですけど。

最近のスポーツビジネスでは、色々と考えられてるのですね。
周りに、スポーツビジネスに従事している方々(サッカー、アメフト、野球、、、)が居るので、
現場感はいろいろと伝わってきます。

でも、集客に関してはいつも頭を悩ませているようです。
それは、アーティストでもしかり。

集客の方法には2種類しかない

僕が思う集客の方法は2種類しかないと思っています。

  • アウトプットで勝負
  • コンテンツで勝負

まぁ、至極当たり前なお話ですがw

超有名アーティストレベルになると、例外ですが。
しかし、そんな方々はほんとに一握りしかいません。

僕らが、そこを真似することはまぁ難しいでしょう。

つまり。
集客 = アウトプット数 ☓ コンテンツの質
な訳です。

アウトプットを増やすには

  • 潜在顧客に対して、接点を増やす。
  • つまり、興味のあるワードを散りばめる。
  • そして、配信頻度を上げて、顧客接点をたくさん作る。
  • コツコツと。

コンテンツの質を上げるには

  • まずはキュレーションでもOK。
  • その後、徐々にオリジナルを増やしていく。
  • 数を発信していれば、やがて質が上がってくる。(大抵は)
  • そして、我慢するw焦らないw

まとめ

つまり。

劇的に集客が伸びる!なんてことは、まぁ稀です、ということ。
地道にコツコツと。

これに尽きますw

これができないから、なかなか集客に結びつかないのです。

でわでわ。

追伸:
これ、参考になるかも。
ライトな感じの内容ですが、色々と参考にさせていただいてます。