僕は僕でだれかじゃない

ビジネスとテクノロジーと健康についてあれこれ

MENU

「ネット時代に最も重要なのは、プロモーション能力だ」ドワンゴ川上会長のインタビュー!

id:sitkです。

newspicks.com

記事の中で「セルフプロデュース」という言葉が良くでてきます。
使い古された言葉ではありますが、今あらためて聞くと、
この時代に必要なことなんだなと改めて思います。

僕自身、アーティストの方々とお仕事をする機会が多いです。
その中でも、超ベテランで成功者で酸いも甘いも知っている方々がいらっしゃいます。

芸能人になると、自分がコンテンツになるわけです。
セルフプロデュース」ができないと、生き残っていけないわけで。

それが、我々一般人にも「セルフプロデュース」が必要になってきたということ。

一般人にも「セルフプロデュース」が必要な時代

  • LINEアカウントを持っててあたりまえ。
  • Facebookアカウントを持っててあたりまえ。
  • Twitterアカウントを持っててあたりまえ。
  • Blogを運営しているのはあたりまえ。

などなど。

自分でメディアを持つことが、もう日常になっているのです。
※これらは、コミュニケーションツールでありながら、自分メディアです。
※みんながみんな当てはまるわけではありませんが。。。

ただし、これらを使いこなせる人も、そう周りにはいません。

いつでも、どこでも、だれでも。

僕は、専門学校などで講演をさせていただいた経験もあります。
そして、情報の教員免許も持ってたりします。

「ITの教育」に関しては、人一倍興味があり、
これから推し進めていかなければならないと感じてます。

これからの若い人も、ご年配の方でも。
ITリテラシーは、選択科目ではなく、必修科目なのです。

学校で、プログラミングが必修科目になるように、
メディアを運営するのは、一般教養並みの必修科目。

だからこそ、ITリテラシーを高めることが必要です。

あらゆるものが電子化され始め、そこに壁があると(IT恐怖症?)、
生活が逆に不自由になるんじゃないかと危惧しています。

手元がポータルになる

僕の周りのご年配の方は、僕の影響か電話をiPhoneに乗り換え始めました。
便利だし、実用的だし、何よりも直感的。

Androidに比べて、洗練されたUIと質感。
どんな年代の方でも、わくわくさせるプロダクトです。

そして、PCから解放され、手元ですべてが完結する。

LINEも、Facebookも、Twitterも、Blogも。
すべて、手元から発信できるのです。

例えば、LINEができると生活が変わる

僕の例で言うと、両親にLINEを入れてもらったのです。
たった、これだけ。

何が変わったか?

毎日孫と会えるようになった!

これは、もう革命ですよね、この年代の方にとっては。

親曰く、

「毎日、孫に会えるとは思っても居なかった!」

この言葉に、すべてが集約されていると思います。

テクノロジーには、それだけの威力があるのです。
IT嫌いとか、言ってる場合ではありませんよw

さいごに

僕がおすすめするのは、コチラの本。
知り合いに紹介してもらい、読んだのですが、まぁおもしろい。

予言の書とも言うべきかw
インターネット登場後の世界について考察した内容となっています。

初版は、10年以上前に書かれたもの。
それが今になって再販されるということは、どういうことかお分かりですねw

必読です。

インターネット的 (PHP文庫)

インターネット的 (PHP文庫)

でわでわ。