僕は僕でだれかじゃない

ビジネスとテクノロジーと健康についてあれこれ

MENU

蔦屋書店が目指す「ライフスタイル」の提案とは。

おはようございます。
本日は、産経WESTの記事より。

www.sankei.com

梅田に、蔦屋書店ができてたなんて知らなかった!!!!!
本好きとしては、一度行かなければ。。。

ライフスタイルの提案

再び「書店」の店名を冠し、改めて「本、映画、音楽を通してライフスタイルを提案する」という創業当時の理念実現を目指す。

  • 本を読むライフスタイル。
  • 映画を見るライフスタイル。
  • 音楽を聞くライフスタイル。

僕にとっては、いずれも欠かせないものになりました。

音楽は、あまり聞かなかったのですが、Apple Musicを使い始めて、BGMとして音楽がある生活に変わりましたしね。
www.kobatatakayuki.com

いずれも、ネットがあれば手に入る時代。
便利な反面、本屋に行く機会が減ったのも事実。

蔦屋のような大型書店が「場」を作ってくれることで、ふたたび本に触れる機会が出てくるといいな。

街を見渡すと、スマホをいじってる人しか見ないですからねw
蔦屋書店に期待!

本屋の雰囲気が好き

梅田の店舗は営業面積約3300平方メートル。書籍約20万冊のほか、雑貨も並ぶフロア全体に約500席のいすやソファを配置。フロア内のカフェや各種サービスのテナントを客が自由に行き来できる“滞在型書店”だ。ビジネス、文学、旅行、写真など専門分野に通じた店員「コンシェルジュ」も客からの相談に丁寧に応じている。

僕は、本屋と電気屋には一日中居ても飽きない人ですw
朝から晩まで、時間を忘れられる空間。

蔦屋書店では、コンシェルジュもいるみたいなので、相談にも応じてくれるらしい。
そして、カフェも入ってたりするので、長居できる環境が整っている。。。

滞在型書店。

素晴らしいコンセプトです。

市場の縮小

公益社団法人「全国出版協会・出版科学研究所」によると、26年度の書籍と雑誌を合わせた推定販売額は計約1兆6千億円で10年連続、前年割れとなった。ピークの8年(計約2兆6千億円)から急速に市場が縮小している。

10年連続で、前年割れとなっている書籍市場。

一方で、アマゾンなどのインターネット通販や電子書籍市場は拡大傾向にあり、書店の経営環境は厳しい。

Kindleが出てからというもの、紙の本を買わなくなりましたが、圧倒的に活字を読む機会が増えました。

紙の本も好きなんですけどね!
でも、読みたいときにすぐ読めて、持ち運びに便利なKindleは手放せない。。。

www.kobatatakayuki.com

本は僕の人生を変えてくれた

本屋の空間は時間を忘れさせてくれます。
そして、本は僕の人生も大きく変えてくれました。

司馬遼太郎の竜馬がゆく。

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

この本を紹介してもらって、坂本龍馬にドはまりしてしまい、起業を志すことになります。

そして、沢木耕太郎の深夜特急。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急で、海外に興味を持つようになりました。
自分の中で、世界観が変わりましたね。

ということで、蔦屋書店に期待!
梅田に行く時は寄ってみよう。

でわでわ!