読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は僕で誰かじゃない

ビジネスとテクノロジーと健康についてあれこれ

MENU

【スクー】「相手を魅了する、プレゼンテーションの極意」 の授業を受けてきました。そのメモ。

こんばんわ。
今宵も、スクーの授業を受けてきました。

今回はプレゼンテーションについて。

schoo.jp

プレゼンテーションとは

  • クライアントから要望を受けて、企画提案すること
  • 多くの人は、プレゼンは苦手なフシがある
  • デザイナーがデザイン苦手ですって言うたらおかしい話
  • 苦手意識を克服する必要がある

そもそもいい企画とは

  • 採用される企画
  • クライアントに選ばれるためにプレゼンテーションをする必要がある
  • 良いプレゼンとは何か?
  • ゴールをはっきりと持つこと

プレゼンテクニック

  • プレゼンはテクニックから入ってはダメ
  • プレゼンはテクニックだけを身につけても本質は良くならない
  • うさんくさくなる

プレゼンを成功に導く3つの心得

  1. 「思い」に勝る要素はない
  2. 相手の「共感」を狙え
  3. 提案は「根拠」で伝わる

1.「思い」に勝る要素はない

  • 自分が思い入れのあるモノを紹介することと、何も思い入れがないものをプレゼンしたときに違いがわかる
  • 思いが入ってるかどうかで、入り方が違う、引きつけられ方が違う
  • 商品から説明しない
  • 自分の思いを語る
  • 提案書を読むだけのプレゼンは惹きつけられない、面白くない

2.相手の「共感」を狙え

  • よりこちらのメッセージが伝わりやすくなる
  • 話にのめり込んでくれる
  • どうしたら、思いを同じレベルで共感してもらえるか?を狙う
  • 嘘はつけない(演じることは違う、うさんくさくなる)
  • これはほんとに凄いことになる!と思い込むことが必要(プレゼン準備期間にやる)
  • 通らなさそうだなぁと思ってプレゼンはしてはいけない

3.提案は「根拠」で伝わる

  • なんでそれをやった方がいいの?
  • なんでそれが必要なの?
  • なんでを解消するのが根拠である
  • それをやる理由がしっかりしてないと、本当にいいと思えない、採用しようとは思えない
  • 奇抜でなくても、根拠がしっかりしてると相手は選びたくなる
  • 人は疑問を持った状態で受け入れるのは無理

良いプレゼンを実践するために

どういう流れを踏むとよいか?

  1. 相手に「届ける」
  2. 相手に「響く」
  3. 相手に「刺さる」
  4. 相手に「選ばれる」

相手のハートを動かすことが最重要ポイント

  • 相手が聞いて、相手のアクションをうながすこと
  • 頭で考えるより、心で動きたい
  • こちらが思いをこめないとダメ

質疑応答タイム

自分が思い入れが入らない時

  • 好きな人を引っ張ってくるのが手っ取り早い
  • たとえば、開発した人とかに聞く
  • 自分で調べるよりのめり込む
  • 好きな人が居ないのであれば、世の中にそのような人は居るの?とクライアントとともにブレストしてみる
  • ペルソナをつくって、イメージしながらブレストする

短い時間のプレゼンを成功させるポイントは?

  • 8分でクライアントが欲しい情報をリストアップする
  • 自分が言いたいことではない
  • 相手が欲しいものを提示する
  • それを8分で収めるだけ
  • 8分だから8分でやらなくても良いのでは?
  • 今からだと、2週間と8分ある
  • 今から、クライアントにアプローチできることもある(はず)

クライアントを巻き込むか?一方的に聞いてるか?

  • 一方的に聞くのはしんどい、つかれる
  • 会話をしたほうが楽だし、楽しい
  • 相手が参加してない意識になるとまずい
  • キャッチボールをしたほうがいい
  • キャッチボールを増やす
  • 不完全のところを残しておく(デザインで空白いれておくとか、相手に質問させる)

コンペの場合はどのようなプレゼンを考えたら良い?(一方的にプレゼンするとき)

  • 一方的にやることに、可能性を感じない
  • なるべくキャッチボールをする方向を考える
  • いかに相手を巻き込む状態を作れるか?

以上です!

田口先生の授業はのめり込む〜♪

でわでわ。