読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は僕で誰かじゃない

ビジネスとテクノロジーと健康についてあれこれ

MENU

【スクー】「プレゼンを上達させる、4つのポイント」の授業を受けてきました。そのメモ。

こんばんわ。
今宵もスクーの授業を受けてきました。

今回はこちら!
プレゼンを上達させる、4つのポイント 【Season.1 第8回 田口真行のWebディレクション講座】 - 無料動画学習|schoo(スクー)

では、どうぞー。

(前回の続き)質問に答えるコーナー

人前で発表する行為自体が苦手

  • 間違いや失敗を恐れすぎ
  • 何が起こってもいい!と言うくらいの気持ちで。
  • 真面目な人ほど、失敗するのが怖くなる
  • リスクばかりを考えてしまう
  • 別に失敗しても良い
  • さぁ、どんな失敗をするかな?という心意気でやると、意外と失敗しない
  • びびっても、びびらなくても、大した差がない
  • 人は自分の失敗は見てないし、覚えてない

相手の人数によって、プレゼンスタイルは変わりますか?

  • 変わります
  • 唯一同じなのは、1人に対しても400人に対しても、ひとつの固まりと思って対応している

プレゼンを上達させる、4つのポイント

  1. しゃべり・話し方
  2. 空間づくり
  3. コール&レスポンス
  4. 着地点

1.しゃべり・話し方

  1. 「スピード」と「トーン」の使い分け
  2. 「間」を持たせる    

ポイント

  • 情報の残り方、印象が変わる
  • いかに喋らないタイミングでメッセージを伝えるか

 2.空間づくり

  1. 空気を読み続けることが大事
  2. ツールの使い分け

ポイント

  • 発言中もアンテナを張り巡らせておく(8割くらい)
  • 相手がどういう状況か(どう思ってるか)は意識しておく
  • 自分はどういう状態かはどうでもいい
  • 周りを見る

3.コール&レスポンス

  1. 一方的なのはNG
  2. あえてスキを用意する

ポイント

  • 質問してください!ではなく、相手の表情や仕草から読み取る
  • どうしたら掛け合いができるか? - 完璧な状態をつくらない
  • 答えられない質問をするような空気をつくらない

4.着地点

  1. 選択しやすく

ポイント

  • ひとつだけだと、その良し悪しできめてしまう(突っぱねられることもある)
  • ふたつだと、どちらかを選んでしまう(洋服の店員がいくつか服を持ってくるような感じ)
  • 衝動買いしたとき、何で選んだのだろう?を突き詰めると、相手が用意してくれたゴール

まとめ

  • 相手との距離感に注意!

以上!

でわでわ。