読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は僕で誰かじゃない

ビジネスとテクノロジーと健康についてあれこれ

MENU

「iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム」の対象の方へ。Apple Storeへ行く前にお読みください。

先日発表された「iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム」。

早速、ジーニアスバーの予約が取れたので行ってきた。

www.kobatatakayuki.com

結果はいかに!?

場所は、Apple Store心斎橋店。

予約をしていたけれど、少し待たされる。

店舗内は、当日受付の人たちで長蛇の列。

ジーニアスバーの予約を取れることを知らないのだろうか。

さらには、関西弁で怒鳴り散らすロシア人らしき男性。

そこに、なだめに入るApple Storeのスタッフ。(アメリカ人らしき男性)

会話は、日本語。

不思議な空間だ。

見渡せば、待っている人たちのイライラは絶好調。

イライラしても一緒なのに。

僕は、そう思えるタイプ。

そんな彼らを横目に、待つこと20分。

ようやく名前が呼ばれる。

診断は、1分程度で完了した。

ちょっとあっけなかったな。

診断の結果。

対象商品ではあるけれども、今現在は症状がない状態。

しかし。

今、症状がでない状態でも、もしかしたら明日出るかもしれないし、3年後に出るかもしれない。

そんなことをスタッフから告げられた。

さらには。

カメラ交換プログラムは、3年間の保証があるので、気になることがあればいつでもご相談ください。とのことだ。

安心していいのか、悪いのか。

話によると、対象商品の1割くらいに不具合が確認されているそうだ。

「iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム」の対象者で、カメラに不具合の症状が出てない方。

おそらく、Apple Store行っても、待たされて「症状なし」との診断をくだされるはず。

症状出てからでも遅くはない。

Apple Storeで、待たされるのが嫌な方は、しばらく様子見の方が良いだろう。

焦ることはない。

それでも、心配な方。

早くジーニアスバーの予約を取って、Apple Storeへ行くべし。