読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は僕で誰かじゃない

ビジネスとテクノロジーと健康についてあれこれ

MENU

インブラウザデザイン と ミニマムなCSSフレームワーク

先日の「Sketchy Talks #1 CSSについて学ぶ」に参加して、気になったのでメモ。

インブラウザデザイン

インブラウザデザイン

インブラウザ デザイン | CSS Radar | Little Books For Front End Developers

※2011年の記事です

インブラウザデザインについて(考察)

www.slideshare.net

インブラウザデザインの責任分界点 -デザイナーが書くコードについて思うこと(2)

design-lab.tuqulore.com

ベースをCSSフレームワークを使って、さくっと作り、
ブラウザ上でデザインしていくという手法。
(昔からこの手法があったようですが、初めて知りました。。。)

CSSフレームワークに寄ってしまうという問題はありますが、、、
モックレベルであればこの手法はとてもいいなと思いました。
※最近は、レスポンシブやら、スマホ対応やらが普通になってきましたし、モックの必要性が今後増えそうな気もしてます。 

メリット・デメリットはありますが、
こんな手法もあるんだな、、、ということで。

 ミニマムなCSSフレームワーク

インブラウザデザインにもひも付きますが、、、

最近ではミニマムなCSSフレームワークが注目されています。

Skeleton

Skeleton: Responsive CSS Boilerplate

どちらかというと、、、
normalize.cssやreset.cssのような使い方と捉えた方がよいでしょう。

Bootstrapなど、大掛かりなCSSフレームワークもありますが、

  • 学習コストが高い
  • カスタマイズしにくい、
  • 使わない設定が多い

というのが実情です。
※その分、導入ハードルが高くなる。。。

ミニマムなCSSであれば、必要最低限の指定がかかれているだけで、
あとは、自由に拡張することができます。

CSSフレームワークを導入することにより、
工数を抑えること(作業のスピードアップ)もできると思いますので、
引き続き、精査してみます。

こちらも合わせてどうぞ

www.kobatatakayuki.com

www.kobatatakayuki.com

おわり。