読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は僕で誰かじゃない

ビジネスとテクノロジーと健康についてあれこれ

MENU

【読書メモ】自分を劇的に成長させる!PDCAノート

「自分を劇的に成長させる!PDCAノート」を読んだのでメモ。PDCAの本。実践には、kibelaを使ってます。紙のノートも好きですが、やっぱりデジタルツールが便利。

  • PDCAの本
  • 最初に仮説を立てることから始める
  • 失敗してもいい。できない良いわけではなく、どうやったらできるかを考える
  • 具体的なものはすべて行動に変えられる
  • できる人は、行動を起こす前に計画やプロジェクトの全体像が見えている
  • 時間や行為とせっとにすること
  • すぐに、簡単にできること
  • やることが決まっていること
  • 習慣化されているものは、何をするかが決まっている
  • 人の行動の90%は、フレームに縛られている
  • 結局、いつもどおりが「脳」にとっては一番楽
  • でも、フレームを一度作ってしまえば、それは「作業」に変わる
  • エジソンの言葉「私は失敗したことがない、ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」
  • 知識は陳腐化する。だから試行錯誤して対応していく
  • 行動することで計画との実際のギャップが見える
  • まず、行動してみる。計画とのギャップがわかったら軌道修正
  • 計画の前にあるのは、仮説でいい
  • 目に見えないものは、実現できない
  • PDCAを回していくためには、ゴールが明確になっていることが大前提
  • 予定は、自分アポを最優先
  • すべての成果は「今日何をやったか」の積み上げの成果でしかない
  • 今日やったことをいつ振り返るのか?→今日!
  • エビングハウスの忘却曲線、人は1日たつと74%忘れてしまう
  • 計画には、バッファを設けておく
  • 基本は「始める時間」と「終わる時間」を決める
  • 本質的なこと意外に、時間を割く必要はない
  • 行動した事実を残す
  • 予定は未定にして、決定にあらず
  • 仕事は入り口で制御しない限り「終わらない」

振り返りには、情報共有ツールのKibelaが便利

kibela

  • 振り返りには、Kibelaを使ってる
  • チームで使っているけど、簡単で、お手軽で、シンプルで使いやすい
  • kibelaで更新されたら、Slackに通知が行くようにすると、更に便利

おわり。